東証トラブル 基幹システム手がける富士通社長が陳謝

東証トラブル 基幹システム手がける富士通社長が陳謝
k10012648441_202010051217_202010051222.mp4
今月1日、東京証券取引所のシステムトラブルで終日、売買が停止した問題で、東証の基幹システムを手がける富士通の時田隆仁社長は5日開いた会見で、納入した機器の故障がトラブルにつながったと述べ、東証や市場関係者に多大な迷惑をかけたことをおわびしますと陳謝しました。
東京証券取引所のシステムトラブルで売買が停止した問題では、富士通が納入した売買の情報を保存する機器が故障し、バックアップが働かなかったことがわかっています。

富士通の時田社長は5日開いたオンライン会見の中で、「障害の原因となった機器の納入とシステム開発を担当する企業のトップとして東証や市場関係者をはじめ多くの皆様に多大なるご迷惑をおかけしました。心よりおわび申し上げます」と述べて陳謝しました。

そのうえで時田社長は「日本の社会がデジタル化を加速しようという局面での障害で、日本の金融システムに対する信頼まで揺るがしてしまった。まだ責任の所在を明確に答えることはできないが、原因を究明し、再発防止策を示しながら信頼を積み重ねていきたい」と述べ、トラブルの原因究明を急ぐ考えを示しました。