立民 枝野代表 任命見送り 「明確な違法行為」と批判

立民 枝野代表 任命見送り 「明確な違法行為」と批判
「日本学術会議」の新たな会員候補の一部の任命を菅総理大臣が見送ったことについて、立憲民主党の枝野代表は、「明確な違法行為だ」と批判し、見送った理由などを菅総理大臣が国会で説明すべきだという考えを示しました。
立憲民主党の枝野代表は訪問先の金沢市で記者団の取材に応じました。

この中で「日本学術会議」が推薦した新たな会員候補の一部の任命を菅総理大臣が見送ったことについて「安保法制の時に憲法解釈を一方的に変えたところから始まっているが、憲法ですら勝手に解釈を変えたから、一般の法律の解釈も変えて当たり前だという法治国家としてありえない状況で、近代国家としてみっともない」と批判しました。

そのうえで「日本学術会議法では明確に裁量権はなく、違法行為だ。今週、内閣委員会が開かれるので菅総理大臣みずからが出てきて説明するのが筋だ」と述べ、今週開かれる衆参両院の内閣委員会の閉会中審査で任命を見送った理由などを菅総理大臣が説明すべきだという考えを示しました。