秋田自動車道 ワゴン車が道路脇の柵に衝突 1人死亡 1人重体

秋田自動車道 ワゴン車が道路脇の柵に衝突 1人死亡 1人重体
k10012646671_202010031644_202010031644.mp4
3日朝、岩手県西和賀町の秋田自動車道のサービスエリア近くでワゴン車が道路脇の柵に衝突し、乗っていた1人が死亡、1人が意識不明の重体となったほか、5人がけがをしました。
3日午前8時前、岩手県西和賀町の秋田自動車道の錦秋湖サービスエリアから下りの本線へと入る道路で、ワゴン車が道路左側の柵に衝突しました。

警察によりますと、ワゴン車には東京や神奈川県に住む20代の男女7人が乗っていて、このうち東京 新宿区の大石慎治さん(26)が頭などを強く打って死亡しました。

また、東京 新宿区の大学生、森大吉さん(26)が意識不明の重体となり、ほかの5人も骨を折るなどのけがをしたということです。

ワゴン車は左側と前の部分が激しく壊れ、現場の道路の側面には車がぶつかったようなあとが残っていました。

現場は右カーブの下り坂で、警察はサービスエリアから下り線に向かう途中、道路脇にそれて衝突したとみて詳しい状況を調べています。