ホンダ 自動車レース「F1」から2021年シーズン限りで撤退へ

ホンダ 自動車レース「F1」から2021年シーズン限りで撤退へ
ホンダは、自動車レースの最高峰、「F1」への参戦を来年、2021年シーズン限りで終了し、撤退すると表明しました。
自動車業界が大きな転換期を迎える中、最も重要な課題となっている脱炭素やエネルギー分野の開発により力を入れていくとしています。
これは2日、ホンダの八郷隆弘社長がオンラインで記者会見をして表明しました。

ホンダは日本の自動車メーカーとして1964年に初めてF1に参戦し、1980年代後半から90年代前半にかけてはホンダのエンジンを載せたマシンで故・アイルトン・セナやアラン・プロストが優勝を重ね、黄金時代を築きました。

業績の悪化で1992年に撤退したあと、2000年に復帰しましたが、2008年にはリーマンショックによる世界的な景気悪化の影響を受けて撤退を余儀なくされ、会見で当時の福井威夫社長が「大変困難な決断だった」と涙ながらに述べました。

その後、2015年に復帰し、レッドブル・レーシングと組んだ去年6月のオーストラリア・グランプリで13年ぶりの優勝を果たすなど2019年シーズンは3勝、2020年シーズンは2勝を挙げています。

今回、F1から撤退する理由について、八郷社長は「自動車業界は大きな転換期を迎える中、最も重要な課題となっている脱炭素やエネルギー分野に経営資源を重点的に投入していく必要がある。優勝できたことはうれしく、参戦を継続すべきという意見が社内でたくさんあったが、社長として私が判断した」と述べました。

自動車業界をめぐっては欧米などで環境規制がますます厳しくなっていて、主要なメーカーが電気自動車やハイブリッド車の開発を急ピッチで進めています。

ホンダも2030年までに販売する自動車の3分の2を電動化するという目標を掲げていて、開発の重点をガソリン車から、電気自動車や燃料電池車に移していくことにしています。