常磐道であおり運転の罪 会社役員の被告に執行猶予付いた判決

常磐道であおり運転の罪 会社役員の被告に執行猶予付いた判決
k10012645031_202010021407_202010021411.mp4
茨城県の常磐自動車道や愛知県と静岡県の高速道路であおり運転をしたとして強要などの罪に問われた44歳の会社役員に対し、水戸地方裁判所は執行猶予のついた懲役2年6か月の有罪判決を言い渡しました。
会社役員の宮崎文夫被告(44)は、去年8月、茨城県守谷市の常磐自動車道で、あおり運転をして会社員の男性の車を本線上に無理やり停車させ、男性を殴ってけがをさせたほか、前の月には愛知県岡崎市と静岡県浜松市の高速道路でもあおり運転をしたとして、強要と傷害の罪に問われました。

これまでの裁判で検察は懲役3年8か月を求刑したのに対し、弁護士は執行猶予の付いた判決を求めていました。

2日の判決で水戸地方裁判所の結城剛行裁判長は「被告の行為は重大な事故を引き起こしかねず危険極まりないものだった。運転を妨害されたと感じ、やられたらやり返そうという動機自体が自己中心的で身勝手だ」と指摘しました。

一方で、「同様の事件の量刑の傾向に照らすと、この事件の社会的影響などを加味して実刑にするのは、公平な量刑を逸脱しかねない」などと述べ、保護観察の付いた懲役2年6か月、執行猶予4年の判決を言い渡しました。

最後に結城裁判長は「執行猶予を付けたのは4年たっても事件を起こさないと裁判所が信じた結果です。それを裏切らないようにしてください」と諭しました。

宮崎被告はまっすぐ裁判長を見て判決を聞いていて、最後に証言台に立った際には深々と一礼していました。

弁護士「妥当な判決」検察「内容検討し適切に対応」

判決のあと被告の弁護士は「極めて妥当な判決だ。控訴する意味はないと思っている」と話しました。

一方、水戸地方検察庁の石井壯治次席検事は「判決の内容を検討したうえで、適切に対応したい」というコメントを出しました。

専門家「法改正前の事件 判決は妥当」

刑法が専門の甲南大学法科大学院の園田寿教授は、今回の判決について「法改正が行われる前の事件であり、強要罪の量刑や、けがの程度からみると、執行猶予の付いた2年6か月という判決は妥当だと思う」と話しています。

そのうえで、あおり運転に対する司法の判断について「今後、同様のあおり運転は新しい法律で裁かれていくが、今回の裁判で示されたあおり運転に厳しい態度で臨むという精神は引き継がれていくと考えられる」と指摘しています。

判決の要旨

量刑の事情について、水戸地方裁判所の結城剛行裁判長は「被告の行為は、追突などによる重大な事故を引き起こしかねず、危険極まりないものだった。被告は自分の運転を妨害されたと感じて怒りを募らせ、被害者らに運転を妨害された側の気持ちを分かってもらうためにやり返そうと思ったという趣旨のことを述べているが、そもそもやられたらやり返そうという動機自体が自己中心的で身勝手だ。被告の刑事責任を軽視することはできない」と指摘しました。

また、「常磐自動車道の事件では、高速道路上に停車した車両の運転席にいる被害者の顔面を殴打している。被害者は、暴行を受ける間、後続車の追突などがあっても回避行動を取ることができない状態に置かれたのであり、被告の行為の危険性は高い。しかし、けがの程度は傷害罪全体の中では軽い部類になる」と述べました。

そして、「被害者3人のうち2人に対し、合わせて93万円の被害弁償を行っていること、残る1人に対しても100万円の被害弁償を申し出ていること、その他の事情を踏まえて、同様の事件の量刑の傾向に照らすと、この事件の社会的影響などを加味して実刑にするのは、公平な量刑を逸脱しかねない」としました。

そのうえで、「犯行に至った背景に被告の偏った性格の傾向があることなどを踏まえれば、社会的な孤立にもつながっている人格の偏りを是正して更生を図り、同じような違法行為に再度及ぶのを防ぐため、保護観察を付けて社会性を身につけさせるための指導などを実施することが必要かつ相当だ」と指摘しました。