IR汚職事件 秋元議員の保釈金3000万円 全額没収決定 東京地裁

IR汚職事件 秋元議員の保釈金3000万円 全額没収決定 東京地裁
IR・統合型リゾート施設の汚職事件をめぐる証人買収事件で、保釈中に贈賄側に裁判での偽証を働きかけたなどとして逮捕・起訴された秋元司衆議院議員について、東京地方裁判所は30日、保釈金3000万円を全額没収する決定をしました。
IRの汚職事件で収賄の罪で起訴された衆議院議員の秋元司被告(48)は、みずからの支援者らと共謀し、保釈中に贈賄側に裁判での偽証を働きかけ現金2000万円を渡そうとしたなどとして再逮捕され、今月、組織犯罪処罰法違反の証人等買収の罪で追起訴されました。

この事件で東京地方裁判所は検察の請求を受け、30日、秋元議員の汚職事件についての保釈を取り消すとともに、ことし2月に納めた保釈金3000万円を全額没収する決定をしました。

検察によりますと、裁判所は証拠隠滅のおそれがあるなどと判断し、保釈を取り消したということです。