米大統領選挙テレビ討論会 コロナ対策や経済対策で激しい論戦

米大統領選挙テレビ討論会 コロナ対策や経済対策で激しい論戦
k10012640921_202009301208_202009301217.mp4
アメリカ大統領選挙まで1か月あまりとなるなか、候補者どうしの初めての直接対決となるテレビ討論会が行われ、再選を目指すトランプ大統領と政権奪還を狙う民主党のバイデン前副大統領が新型コロナウイルスや経済対策を巡って激しい論戦を交わしました。
討論会はトランプ大統領がたびたびバイデン氏の発言に割り込んで一方的に持論を主張する異例の展開となりました。
11月のアメリカ大統領選挙に向けたトランプ大統領と民主党のバイデン前副大統領の初めてのテレビ討論会は中西部オハイオ州で29日夜、日本時間の30日午前、行われました。

90分あまりにわたった論戦ではまずアメリカ社会に大きな影響を与える連邦最高裁判事を選挙前に決めるかどうかがテーマとなり、トランプ大統領は「我々は選挙に勝った。我々には権利がある」と述べたのに対し、バイデン氏は「国民には発言の権利がある。選挙はすでに始まっており、結果を待つべきだ」と述べ、11月の選挙後に決めるべきだと主張しました。

新型コロナウイルス対策でも議論

新型コロナウイルス対策ではバイデン氏が「トランプ大統領は2月には命に関わる病気だと知っていたのに私たちに言わなかった。中国で調査すべきだったが中国に求めなかった」と指摘し「彼は何もしなかった。待って待って、いまだに対応の計画がない」と批判しました。

これに対してトランプ大統領は「専門家も民主党の知事もわれわれがすばらしい仕事をしたと言っている。マスクなどを確保し、ワクチンが得られるまであと数週間だ。あなただったらできなかっただろう」と反論しました。

納税問題や政権移行についても

またトランプ大統領が就任前の15年間のうち10年間、国への所得税を納めていなかった疑惑を巡って「数百万ドル払った」と主張したのに対し、バイデン氏は「彼がおさめた税金は学校の教師より少ない。税制を悪用している」と非難しました。

さらにトランプ大統領が選挙で敗北した場合に平和的な政権移行に応じることを明言しなかったことを巡り、バイデン氏は「私は勝っても負けても選挙の結果を受け入れる」と述べましたが、トランプ大統領は郵便投票に言及し「大惨事だ。結果は何か月たってもわからないかも知れない」と主張し、今回も明言は避けました。

討論会ではトランプ大統領がたびたびバイデン氏や司会者の発言に割り込んで一方的に持論を主張し、司会者が「質問をさせてください」と述べる場面もありました。

トランプ大統領は世論調査の支持率でバイデン氏にリードされていて今回の討論会を巻き返しにつなげられたか、それともバイデン氏が大統領としての資質をアピールすることができたか、有権者の受け止めが焦点です。