「オキゴンドウ」の親子にエサやり体験 沖縄 本部町の水族館

「オキゴンドウ」の親子にエサやり体験 沖縄 本部町の水族館
k10012638101_202009281305_202009281307.mp4
沖縄県本部町の水族館で、海の生き物「オキゴンドウ」の親子へのエサやり体験が行われ、訪れた人たちが楽しみました。
沖縄有数の観光地となっている「沖縄美ら海水族館」では「オキゴンドウ」をイルカの仲間として紹介し、エサやり体験を行っています。

このほど、水族館で生まれた3歳のオス「サン」が加わり、27日は父親の「ティダ」とともに登場しました。

親子が水面から顔を出して大きく口を開けると、訪れた人たちはエサのししゃもを与えて楽しんでいました。

水族館によりますと、「オキゴンドウ」はこれまで国内での繁殖例がほとんどなく、親子にエサやりができるのは国内では沖縄美ら海水族館だけだということです。

宜野湾市から子どもと一緒に訪れた女性は「初めての体験で迫力があり、楽しかったです。子どもよりも私が楽しんでしまいました」と話していました。

沖縄美ら海水族館で飼育を担当する池島隼哉技師は「歯があるのにエサを丸飲みする不思議な様子を見てもらい、楽しんでほしい」と話していました。