フグにコロナ影響 初競り最高価格は前年比5000円安 山口 下関

フグにコロナ影響 初競り最高価格は前年比5000円安 山口 下関
k10012637811_202009281105_202009281106.mp4
フグの季節の到来を告げる「初競り式」が、28日、山口県下関市で行われました。最高価格は去年より安くなり、市場関係者は新型コロナウイルスの影響と見ています。
トラフグの取り扱い量が日本一の下関市の南風泊市場では、毎年この時期にフグの季節の訪れを告げる「初競り式」を行っています。

午前3時20分に競りの開始を告げるベルが鳴ると、競り人と仲買人が筒状の袋の中で指を握り合う「袋競り(ふくろぜり)」という独特の方法で価格を決め、新鮮なフグが次々と競り落とされていきました。

28日は山口県沖でとれた天然物と、養殖物のトラフグ合わせて3トン余りが競りにかけられ、およそ10分ですべて競り落とされました。

1キロ当たりの最高価格は、2万円で去年より5000円安くなり、市場関係者は、新型コロナウイルスの影響で飲食店や旅館などでの需要が減ったことが背景にあるとみています。

卸売会社の下関唐戸魚市場の見原宏社長は、「Go Toキャンペーンが拡大するのに合わせて、全国の皆さんに下関のおいしいフグを食べてもらいたい」と期待を寄せていました。

競り落とされたフグは東京や大阪を中心に出荷されるということです。