全盲の66歳女性 放送大学を卒業 14年かけて単位取得 香川

全盲の66歳女性 放送大学を卒業 14年かけて単位取得 香川
テレビやインターネットなどを通じて大学の教育課程を学ぶ放送大学の卒業式が高松市で行われ、14年かけて単位を取得した全盲の66歳の女性が卒業証書を受け取りました。
高松市で行われた放送大学の卒業式には、卒業生35人のうち14人が出席しました。

このうち、香川県の小豆島に住む室崎若子さん(66)は、生まれたときから全盲で、27日は盲導犬の「タビラ」と一緒に卒業式に出席し、卒業証書を受け取りました。

室崎さんは小豆島でマッサージ師として働いていて、友人に勧められたのをきっかけに、平成18年に放送大学に入学しました。

そして、講義があるときは盲導犬と一緒に船で通学し、14年かけて心理学や教育学など卒業に必要な単位を取得しました。

室崎さんは卒業生代表としてあいさつし、「自宅での学習が思うようにできなかったときは、何度も大学に電話し、親切に教えてくれて、とてもうれしかったです。家庭と仕事では経験できない貴重な人との出会いを放送大学で得られたことに感謝します」と述べました。

卒業式のあと室崎さんは「14年はあっという間で、卒業はうれしい反面、これからも勉強したい気持ちがあります」と話していました。

室崎さんは卒業したあとも、放送大学で心理学などを学び続けるということです。