鳥取県で記録的な大雨相次ぐ 27日にかけ土砂災害などに警戒を

鳥取県で記録的な大雨相次ぐ 27日にかけ土砂災害などに警戒を
k10012636051_202009261808_202009261815.mp4
上空の寒気や低気圧の影響で、日本海側を中心に大気の状態が非常に不安定になり、鳥取県には、発達した雨雲がかかって「記録的短時間大雨情報」が相次いで発表されました。日本海側では、27日にかけて、大気の不安定な状態が続く見込みで、土砂災害や低い土地の浸水などに警戒が必要です。
気象庁によりますと、上空には寒気を伴った気圧の谷があるほか能登半島付近にある低気圧に向かって湿った空気が流れ込んでいることなどから、日本海側を中心に大気の状態が非常に不安定になっています。

特に鳥取県には午後から局地的に発達した雨雲がかかり、レーダーによる解析では、午後3時半までの1時間にいずれも鳥取市の鳥取付近、河原付近、佐治付近で、およそ90ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を出しました。

鳥取市河原付近と佐治付近では、午後2時すぎにも記録的短時間大雨情報が発表されたほか、鳥取市鹿野付近や、三朝町付近にも記録的短時間大雨情報が出されました。これまでの雨で、鳥取市北部と南部、それに三朝町では土砂災害の危険性が非常に高まり「土砂災害警戒情報」が発表されています。

この時間は北陸で雨が強まっていて、午後5時までの1時間には福井市越廼で33ミリの激しい雨が降りました。

低気圧や気圧の谷が東へ移動するため、東北から西日本の日本海側では、27日にかけて大気の状態が不安定になると予想されています。

気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、それに川の急な増水に警戒するよう呼びかけています。