IRリゾート汚職事件 贈賄側の中国企業元顧問2人に求刑

IRリゾート汚職事件 贈賄側の中国企業元顧問2人に求刑
k10012634641_202009251822_202009251830.mp4
秋元司衆議院議員が起訴されたIR・統合型リゾート施設をめぐる汚職事件の裁判で、検察は、贈賄側の中国企業の元顧問2人に対し「IR事業の整備に対する社会の信頼を著しく失墜させた」として懲役2年と1年10か月を求刑しました。
中国企業「500ドットコム」元顧問の紺野昌彦被告(49)と仲里勝憲被告(48)は、IRへの参入をめぐり衆議院議員の秋元司被告(48)におよそ760万円相当の賄賂を提供したとして贈賄の罪に問われています。
東京地方裁判所で開かれた25日の裁判で、検察は「重要政策のIR事業に対する社会の信頼を著しく失墜させた」として、紺野元顧問に懲役2年、仲里元顧問に懲役1年10か月を求刑しました。

一方、弁護側は、秋元議員や支援者からの証人買収を断り、捜査にも協力しているとして、執行猶予を求めました。

最後に紺野元顧問は「政治不信を招いたと痛感している。今後は社会で貢献したい」と述べ、仲里元顧問は「関係者にご迷惑をおかけして申し訳ない」と述べました。

判決は来月12日に言い渡されます。