電気自動車などの“電池技術” 特許で日本が世界をリード

電気自動車などの“電池技術” 特許で日本が世界をリード
k10012633001_202009241815_202009241821.mp4
電気自動車などに使われる電池技術に関する特許の出願件数は、日本が、おととし、世界全体の3分の1を占めるなど、世界をリードしているとする報告書を欧州特許庁とIEA=国際エネルギー機関がまとめました。報告書は、一方で、技術開発が日本国内の電気自動車市場の規模の拡大につながっていないと指摘しています。
この報告書は、電気自動車などに使われる電池技術に関連する特許の世界的な出願状況について、欧州特許庁とIEA=国際エネルギー機関が初めてまとめたものです。

それによりますと、おととし、2018年に出願された特許は、世界全体でおよそ7000件で、日本は2300件余りとおよそ3分の1を占めました。

また、おととしまでの19年間で、こうした特許の出願件数が最も多かった企業10社のうち、7社が日本の企業でした。

一方、報告書は、中国市場での電気自動車の販売台数が去年、110万台と、世界全体の半分を占めたのに対し、日本は2%ほどで、電池技術関連特許での世界でのリードが、日本国内の電気自動車市場の規模の拡大につながっていないと指摘しています。

ノーベル化学賞 吉野彰さん「産業にどう生かしていくか課題」

これについて、リチウムイオン電池の開発で去年、ノーベル化学賞を受賞した大手化学メーカー旭化成の吉野彰さんは「電池技術の用途が、スマートフォンなどのモバイル関連から電気自動車へと向かう中で、日本の自動車メーカーが技術開発をリードしている。技術開発を、産業にどう生かしていくかは次なる課題で、日本は技術開発は一生懸命やっていても、実際のビジネスで負けているという意見もあり、技術開発とビジネス化の両面から見ていく必要がある」と話しています。