共産 志位委員長 立民との選挙協力は“接戦区を中心に協議”

共産 志位委員長 立民との選挙協力は“接戦区を中心に協議”
共産党の志位委員長は、次の衆議院選挙に向けた立憲民主党との選挙協力について、与野党の接戦が見込まれる選挙区を中心に、候補者の一本化の協議を進めたいという考えを示しました。
次の衆議院選挙をめぐって、立憲民主党の枝野代表は、共産党との選挙協力を最大限、検討する意向で、共産党も前向きな姿勢を示しています。

共産党の志位委員長は、24日の記者会見で、具体的な選挙協力の在り方について、「すべての選挙区ではなく、与野党が競り合っているところを中心に一本化する。基本は、そういう考えで調整していきたい」と述べ、与野党の接戦が見込まれる選挙区を中心に、候補者の一本化の協議を進めたいという考えを示しました。

一方で、「選挙協力の前に『野党連合政権』をともにつくっていくという合意をしたい。そのうえで政権が実行する政権公約を練り上げ、そして選挙協力だ。この3点セットで進めて初めて力あるものになるというのが、私たちの立場だ」と述べ、ともに政権を担う「連合政権」構想での合意が前提になるという考えを強調しました。