サッカーJ1 首位の川崎が6連勝 2位セレッソとの勝ち点差11に

サッカーJ1 首位の川崎が6連勝 2位セレッソとの勝ち点差11に
サッカーJ1は第18節の9試合が行われ、首位の川崎フロンターレは横浜FCに勝って連勝を「6」に伸ばしました。
フロンターレはルーキーの旗手怜央選手の2得点などで横浜FCに3対2で勝ち、6連勝で勝ち点を50に伸ばしました。

この試合で横浜FCの三浦知良選手が先発出場しJ1の最年長出場記録を53歳6か月28日に更新しました。
J1でのプレーは13年ぶりでしたが、ゴールは決められず後半11分に途中交代しました。

3位のFC東京と2位セレッソ大阪の上位対決はFC東京が2対0で勝ちました。2連敗のセレッソは勝ち点39で2位のままですがフロンターレとの勝ち点差は「11」に開きました。

鹿島アントラーズ対湘南ベルマーレは、アントラーズが試合終了間際のゴールで1対0で勝ち、連勝を7に伸ばして4位に浮上しました。

北海道コンサドーレ札幌対柏レイソルは、レイソルが1対0で勝ちました。

ガンバ大阪対名古屋グランパスは、ガンバが2対1で逆転勝ちしました。

ヴィッセル神戸対サガン鳥栖は、ヴィッセルがイニエスタ選手の今シーズン初ゴールなどで4対3で競り勝ちました。

大分トリニータ対サンフレッチェ広島は、サンフレッチェが2対0で勝ちました。

横浜F・マリノス対ベガルタ仙台は、F・マリノスが3対1で勝ち3連勝。

清水エスパルス対浦和レッズは、レッズが2対1で勝ちました。