円相場 いくぶん値下がり

円相場 いくぶん値下がり
連休明けの23日の東京外国為替市場、円相場はドルに対していくぶん値下がりしました。
午後5時時点の円相場は先週末と比べて40銭円安ドル高の1ドル=104円97銭から98銭でした。

ユーロに対しては、先週末と比べて1円12銭円高ユーロ安の1ユーロ=122円75銭から79銭でした。

ユーロはドルに対して1ユーロ=1.1694から96ドルでした。

市場関係者は「アメリカで製造業に関する指標が市場の予想を上回ったことや、中古住宅の販売が好調だったことを手がかりに、ドルを買う動きが見られた。また、連休明けで国内の輸入企業が支払いに必要なドルを買う動きも見られた」と話しています。