加藤官房長官「安倍前首相の靖国参拝 言及すべきではない」

加藤官房長官「安倍前首相の靖国参拝 言及すべきではない」
安倍前総理大臣が今月19日に靖国神社に参拝したことについて加藤官房長官は、私人である安倍前総理大臣の個人的な参拝と承知しており、政府として、言及すべきものではないという認識を示しました。
安倍前総理大臣は、みずからのツイッターで、今月19日に東京 九段の靖国神社に参拝したことを明らかにしました。

これについて加藤官房長官は午前の記者会見で「総理大臣を辞めたあとに参拝されたもので、あくまでも私人である安倍前総理大臣の個人的な参拝だと承知している。個人の信教の自由に関する問題であり、政府として言及すべきものではない」と述べました。

一方、記者団が菅総理大臣が、在任中に靖国神社に参拝するかどうか質問したのに対し「菅総理大臣自身が適切に判断する事柄であるというのが政府の認識だ」と述べました。