薬物をダークウェブで違法売買 179人逮捕 アメリカ

薬物をダークウェブで違法売買 179人逮捕 アメリカ
アメリカで、過剰摂取による死者が年間4万人を超えて大きな社会問題となっている薬物「オピオイド」をネット上で違法に売買していたなどとして、アメリカやヨーロッパに住む179人が逮捕されました。
アメリカ司法省とFBI=連邦捜査局は、22日記者会見し、本来は鎮痛剤として使用される薬物「オピオイド」をネット上で違法に売買していたなどとして、アメリカ人やドイツ人それにオランダ人など179人を逮捕したと発表しました。

容疑者たちは、主に「ダークウェブ」と呼ばれる匿名性が高いサイバー空間で、仮想通貨=暗号資産を使って薬物の取り引きに関わっていたということです。

FBIによりますと、270キロの薬物のほか、合わせて650万ドル相当の現金と暗号資産、それに63丁の銃も押収したとしています。

アメリカでは、オピオイドの過剰摂取による死者が年間4万人を超えるなど大きな社会問題となっていて、3年前、トランプ大統領は緊急事態を宣言し、対策を強化する方針を発表しました。

しかし、状況は大きく改善せず、最近は新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、ストレスなどから薬物中毒になる人が増えていることが指摘されていて、引き続き、深刻な問題となっています。