台風12号 関東・東北の東海上進む見込み 土砂災害など警戒

台風12号 関東・東北の東海上進む見込み 土砂災害など警戒
k10012630271_202009240016_202009240017.mp4
台風12号は伊豆諸島の八丈島の東の海上を北東へ進んでいて、25日にかけて関東や東北の東の海上を進む見込みです。
関東や東北の太平洋側を中心に雨が強まる見込みで台風の中心から離れた場所でも土砂災害や低い土地の浸水などに警戒が必要です。

関東の東の海上を進む

気象庁によりますと、台風12号は24日午前0時には伊豆諸島の八丈島の東北東200キロの海上を、1時間におよそ30キロの速さで北東へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルで、半径390キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。

台風は25日にかけて関東や東北の東の海上を北寄りに進む見込みです。

沿岸部で風強まる

この時間は沿岸部で風が強まっていて、
▽静岡県の東伊豆町稲取で23日午後11時前に22.8メートルの最大瞬間風速を観測しました。

今後の予想 大雨

台風や前線の影響で関東と東北の太平洋側を中心に25日にかけて激しい雨が降って大雨になるおそれがあります。

24日夜遅くまでの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで
▽関東と東北で180ミリと予想されています。

その後、25日夜遅くまでの24時間には、
▽東北で100ミリから150ミリ
▽北海道で50ミリから100ミリの雨が降ると予想されています。

強風・高波 十分注意

また24日は関東と東北の太平洋側を中心に風が強まる見込みです。

24日の最大風速は
▽関東で25メートル、
▽伊豆諸島で23メートル、
▽東北の太平洋側で20メートルと予想されているほか、
最大瞬間風速は、
▽伊豆諸島と関東で35メートル、
▽東北の太平洋側で30メートルと予想されています。

東北と北海道のいずれも太平洋側では、25日も風が強く、
▽最大風速は20メートルから24メートル
▽最大瞬間風速は25メートルから35メートルと予想されています。

波も高く関東や東北の太平洋側では大しけが続く見込みです。

気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するとともに沿岸部を中心に暴風や高波にも警戒するよう呼びかけています。

落雷や竜巻などの激しい突風にも十分注意してください。

政府が情報連絡室を設置

台風12号が東日本や北日本に接近するおそれがあるため、政府は、23日午前9時15分に、総理大臣官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置して、情報収集と警戒にあたっています。

東京都 小池知事「早めの対策や避難を」

台風12号が接近していることについて、東京都の小池知事は都庁で記者団に対し、「より安全なところを今から考えて、親戚や友達の家、それにホテルや旅館を活用するなど、対策を前もって講じていただきたい」と述べました。

また、「コロナ禍で昨年とは大きく違っている。都立の施設を開放するなどの準備をしている。住民一人一人が避難のタイミングを事前に決めておく『マイ・タイムライン』で、何日前には何をするなど、今まさにシミュレーションする機会だと思う」と述べ、早めの対策や避難を呼びかけました。

伊豆大島でも備え

一方、去年9月の台風15号で1500棟以上の建物が被害を受けた伊豆大島では、住民が家の周囲を片づけるなどして台風に備えているということです。

大工の高橋満さん(54)は、台風15号で被害を受けた建物を10棟近く修理してきましたが、屋根の修理は済んだものの外壁の修理が住んでいない建物もあるということです。

高橋さんは「外壁に防水シートを貼ったばかりの建物もあり、風で何かが飛んでくれば破れてしまう。けさは、午前中いっぱいかけて、周囲の廃材などを片づけましたが、島ではまだ修理中の家もあり、台風の被害が心配です」と話していました。

千葉 鋸南町 去年の台風で被害の住宅 応急対策

台風12号が接近するおそれがある千葉県の鋸南町では去年の台風による被害で修理が終わっていない住宅が数多く残っていて、住民たちは23日、雨や風を防ぐ応急対策に追われていました。

千葉県内では、去年9月の台風15号で8万1000棟を超える住宅に被害が出ましたが、修理を行う業者が不足していることなどから、鋸南町では今も修理が終わっていない住宅が数多く残っています。

台風12号が接近するおそれがある中、23日は、自宅の修理が終わっていない住民が強い雨や風を防ぐ応急対策に追われていました。

このうち、自営業の網代彌壽雄さん(78)は、去年の台風15号で自宅の屋根瓦がほとんど飛んでしまうなど大きな被害を受けました。

先月になって、ようやく修理業者が見つかり、台風12号が接近するおそれもあることから、雨漏りを防ぐ応急対策として自宅の屋根にベニヤ板などを23日までにはってもらいました。

鋸南町によりますと、先月末現在、町内で自宅の修理を希望している人のうち、工事が完了したのは4割未満にとどまっているということです。

網代さんは「修理業者は応急の対策で大丈夫だと言っていますが、まだ工事がすべて終わったわけではないので心配です」と話していました。

東京都内でも備え 新型コロナ対策も

台風12号への備えが、都内でも進められています。

東京 葛飾区は避難所を開設した場合の新型コロナウイルスへの感染を防ぐため消毒液などの準備を行いました。

葛飾区は、新型コロナウイルスの対策で避難先を分散させるため、従来の77か所の指定避難所に加え、新たに18施設を避難所として利用できるよう、物資を運び込むなどの準備を進めています。

このうち葛飾区柴又の施設では、午後2時ごろに職員が訪れ、水やビスケット、毛布、それに感染対策の消毒液やマスクを運び入れていました。

葛飾区では去年の台風19号で一部の避難所が満員になったということで、葛飾区危機管理課の臼倉雅人さんは「避難所での新型コロナ対策もしているが、自宅が安全な場所にある人は自宅で避難をしてほしい」と話していました。

また、江戸川区では、区の職員が道路の冠水を防ぐため雨を下水に流し込む「雨水ます」の落ち葉やごみをほうきを使って取り除く作業をしていました。

さらに住宅の浸水被害を防ぐため区内42か所に「土のうステーション」を設置していて、近くの住民が取り出しにきていました。

土のうを取りに来た男性は「雨が心配なので取りに来ました。準備していただいているので助かります」と話していました。

江戸川区保全課の佐京達也課長は「排水の能力を超える雨が降るおそれもあるので、自分の家庭は自分たちで守ってもらえるよう早め早めの対策を取ってほしい」と話していました。