台湾のデジタル担当閣僚 日本の中高校生にオンライン授業

台湾のデジタル担当閣僚 日本の中高校生にオンライン授業
デジタル技術を使った新型コロナウイルス対策で世界的に注目を集める台湾のデジタル担当の閣僚、唐鳳氏、英語名、オードリー・タン氏が日本の中学生や高校生らを対象にオンラインで授業を行い「皆さんの声で世界は変えられる」とメッセージを送りました。
授業はオンライン教育に取り組む日本の企業「InspireHigh」がオードリー・タン氏に依頼して実現し、日本の中学生や高校生などおよそ1000人がスマートフォンのアプリを使って参加しました。

オードリー・タンさんは39歳。

4年前、デジタル担当の閣僚に就任し、台湾のデジタル政策を指導するとともに、インターネットで寄せられる市民の声を政策に生かす仕組みを取り入れました。

新型コロナ対策ではマスク不足が課題となる中、薬局のマスクの在庫が一目で分かるネット上の地図の開発を実現するなどその手腕は世界的に注目されています。

タン氏は、市民の意見をもとに毎週、マスクの地図システムの改良を繰り返したエピソードを紹介しながら、「デジタル社会では利用する市民の声を生かし、より役立つものにすることが最も大切です」と話しました。

そのうえで「社会への参加も同じで年齢や学歴は関係ありません。

SNSなどを使って自分の声を届けましょう」と呼びかけました。

最後にタン氏は「皆さんが世界を変えることができます。

完璧な提案は必要ありません。

アイデアをほんの少しの人に伝えることさえできれば、それがどんどん広がって新たな世界を作るのです」と伝えました。

都内の自宅でオンライン授業に参加した高校3年生の堀井里南さんは「これまであまり政治に関心を持っていませんでしたがオードリー・タンさんはデジタルを使って政治に参加しやすい仕組みを作っていて、これからは、私たちの世代でもできることがあると感じました」と話していました。

唐鳳氏とは

台湾でIT担当の閣僚を務める唐鳳氏、英語名オードリー・タン氏は現在、39歳。

2016年に発足した蔡英文政権で特定の部局を持たない閣僚である政務委員に就任しました。

唐氏は、中学を中退したあと、学校に通う代わりに家庭で学習し、独学でプログラミングを習得するなどして10代で起業しました。

その後、アメリカのIT企業で顧問などに就いたあと33歳で引退し、台湾当局でIT分野の顧問などを務めました。

2016年に閣僚に就任してからは、台湾当局の各部局のデジタル政策を指導するとともに、インターネットで寄せられる市民からの声を政策に反映させる仕組みを取り入れました。

ことしに入り、新型コロナウイルスの感染拡大でマスクが手に入りにくくなると、市民が加入する健康保険のデータを活用し、健康保険カードを提示すれば薬局でマスクが買える実名制の販売の仕組みを導入したり、薬局のマスクの在庫の量が一目で分かるネット上の地図の開発を支援したりするなど、その手腕は国際的な評価を受けています。

唐氏は、自身が心と体の性が一致しないトランスジェンダーであることを公表しています。