富士山「初雪化粧宣言」去年より約1か月早く 山梨 富士吉田

富士山「初雪化粧宣言」去年より約1か月早く 山梨 富士吉田
富士山は21日朝、山頂付近で雪が積もっているのが確認され、ふもとの山梨県富士吉田市は去年よりおよそ1か月早く「初雪化粧宣言」を発表しました。
富士山の「初雪化粧宣言」は、甲府地方気象台が発表する「初冠雪」とは別に、ふもとの富士吉田市が観光PRなどを目的に平成18年から独自に発表しています。

気象台はまだ、初冠雪を発表していませんが、ふもとの富士吉田市では21日朝、富士山の山頂付近に雪が積もっているのが確認され、市は21日午前「初雪化粧宣言」を発表しました。

富士山と田畑の風景を同時に楽しめることで人気の農村公園には、朝早くから写真愛好家などが訪れ、雪化粧した富士山を写真に収めていました。

地元の70代の男性は「富士山に雪が積もるとますます写真が映えるので、写真家にとってはこれから忙しくなります」と話していました。

ことしの「初雪化粧宣言」は去年より32日早く、富士山はこれから本格的な雪化粧の時期を迎えます。