俳優 藤木孝さん死去 存在感ある脇役として活躍 80歳

数多くの映画やドラマに出演していた俳優の藤木孝さんが東京都内で亡くなっているのが見つかりました。80歳でした。関係者によりますと自殺とみられています。
亡くなったのは、俳優の藤木孝さん(80)です。

関係者によりますと、20日朝、東京・中野区の自宅でぐったりしているのを親族が見つけ、病院に運ばれましたが死亡が確認されたということです。
現場の状況から自殺とみられ「役者としてやっていく自信がなくなった」などと書かれた遺書が見つかったということです。

藤木さんは静岡県出身で、歌手としてデビューしたあと俳優を志し、2004年に放送されたNHKの大河ドラマ「新選組!」に出演したほか、数多くのドラマや映画で存在感のある脇役として活躍していました。

所属事務所によりますと、新型コロナウイルスの影響で仕事が少なくなり高齢ということもあって最近は自宅にいることが多かったということですが、来年上演されるミュージカルへの出演が決まっていたということです。
ことしの夏以降、芸能人や番組出演者の自殺が相次いでいます。

7月には、人気若手俳優の三浦春馬さん(30)が自宅マンションの部屋で亡くなっているのが見つかりました。また、8月には若い男女の共同生活に密着するインターネットの人気番組に出演していた濱崎麻莉亜さん(23)が亡くなっています。さらに、今月14日には数多くのドラマや映画に出演していた俳優の芦名星(36)さんが亡くなりました。

相談窓口 「日本いのちの電話」

▽ナビダイヤル「0570-783-556」
午前10時~午後10時
▽フリーダイヤル「0120-783-556」
毎日:午後4時~午後9時
毎月10日:午前8時~翌日午前8時