米 連邦最高裁 ギンズバーグ判事死去 後任巡り与野党の攻防も

アメリカ連邦最高裁判所のリベラル派の判事、ギンズバーグ氏が18日、亡くなりました。最高裁の判事はアメリカ社会を二分する問題をめぐる司法判断に大きな影響力を持つことから、後任判事をめぐる与野党の攻防も予想されます。
アメリカの連邦最高裁判所は18日、9人の判事のうち87歳で最高齢のルース・ギンズバーグ判事が、がんによる合併症のため亡くなったと発表しました。

ギンズバーグ氏は女性の権利拡大に尽力したリベラル派の弁護士として知られ、1993年に連邦最高裁の史上2人目の女性判事に就任しました。

連邦最高裁の判事はアメリカで司法の最終的な判断を合議制で決めるため銃規制や人工妊娠中絶の是非などアメリカ社会を二分する問題に大きな影響を及ぼします。

トランプ大統領は就任以降、保守派の判事2人を相次いで指名し、最高裁の構成は保守派が5人、リベラル派が4人となっていました。ギンズバーグ判事が亡くなったことで、リベラル派は3人となります。

ギンズバーグ判事は高齢であることに加え、がんの再発を公表し、入退院を繰り返していて、その健康状態が大きく注目を集めていました。

ギンズバーグ判事の死去を受けて野党・民主党は「後任の判事選びにはアメリカ国民の声が反映されるべきで、大統領選挙の後にすべきだ」と主張している一方、上院で多数派の共和党はトランプ大統領が指名する後任判事を議会上院ですみやかに承認する構えを見せています。

最高裁判所の構成が一層保守化する可能性もあるだけに大統領選挙を前に後任判事をめぐる与野党の攻防が激しくなることも予想されます。

トランプ大統領 バイデン前副大統領は

ギンズバーグ氏が亡くなったことについて、トランプ大統領は訪問先の中西部ミネソタ州で記者からの質問に応じ「亡くなったことは知らなかった。悲しいことで驚いている。彼女はすばらしい女性だった」と述べました。

一方、民主党のバイデン前副大統領は、地元デラウェア州で記者団に対し「彼女は最高裁判事としてもっとも高いアメリカの理想を、そして法の下の平等や正義を追い求めてきた。その姿勢は数十年間にわたって一貫しており、自由と機会を求めるすべての声であり続けた」と述べました。

そのうえでバイデン氏は「有権者が大統領を選び、その大統領が後任の判事を選ぶという、議会上院の方針を守ることが重要だ」と述べ、後任の判事は11月の大統領選挙の勝者によって指名されるべきだという考えを示しました。

最高裁前で多数の市民が追悼

首都ワシントンの連邦最高裁判所では半旗が掲げられ、裁判所前の広場にはギンズバーグ判事の死を悼もうと深夜にもかかわらず数百人の市民が集まりました。

裁判所前の階段には、たくさんの花束が置かれ、「ありがとう」とか「安らかに眠ってください」などと書かれたカードやろうそくを添えて人々がギンズバーグ判事の功績をたたえていました。

ニュースを見て駆けつけたという女性は「性差別をなくし、女性の権利を守るために偉大な仕事をしてくれました。もし彼女がいなければ、今女性に保障されている権利はなかったと思います。トランプ大統領が後任に保守的な判事を指名して、ギンズバーグ判事などが勝ち取ってくれた多くの権利が台なしにされるのではないかと思うとショックです」と話していました。

別の女性は「同じ価値観を持つ人々とこの瞬間を共有したいと思って来ました。ギンズバーグ判事は何十年にもわたって人々の権利を守る闘士だったと思います」と話していました。

ギンズバーグ氏とは

ルース・ベイダー・ギンズバーグ氏は、コロンビア大学の法科大学院を卒業後、法学の教授として大学で性差別などの研究に携わりました。

1970年代には、アメリカの人権団体ACLU=アメリカ自由人権協会で女性の権利拡大に向けた活動の中心的な弁護士としても活躍し、男女の格差是正を求める訴訟を数多く主導してきました。

こうした活動の中で、ギンズバーグ氏が特にこだわったのは、法の下の平等を定めた「アメリカ憲法修正第14条」でした。この条文は、奴隷だった人たちの権利を保障するために南北戦争後に定められたものですが、ギンズバーグ氏は、平等が保障される範囲を女性の権利にも適用することを求め続けたのです。

当時、遺産相続の権利や、健康保険の支給額などについて、女性よりも男性が優遇されることが法律や規定などで定められていたことに対して、ギンズバーグ氏は、性別によって待遇に差をつけることは憲法違反だと訴え続けました。その結果、女性の人権をめぐる画期的な連邦最高裁判決をいくつも勝ち取り、気鋭の人権派弁護士として一躍有名になりました。

こうした功績からギンズバーグ氏は、1993年、当時の民主党・クリントン大統領に女性として史上2人目の連邦最高裁判事に指名され、議会の承認を経て就任しました。

2015年に出版されたギンズバーグ氏の伝記は、ベストセラーになったほか、2018年には、女性の権利のために闘った半生を描いた映画も全米で公開されました。

ルース・ベイダー・ギンズバーグ氏は、名前の頭文字を取って「RBG」という愛称で、一般の人たちにも広く親しまれていました。

首都ワシントンでは、現地時間の18日夜に死去が伝えられると、多くの市民が連邦最高裁判所の前に集まってギンズバーグ氏の死を悼んでいました。

“マイノリティーだったことが影響”イスラエルメディア

アメリカ連邦最高裁判所の判事ギンズバーグ氏が亡くなったことについて、イスラエルのメディアは、ギンズバーグ氏がアメリカ社会のマイノリティーであるユダヤ教徒だったことが、その考えに大きく影響していたと伝えています。

このうち、有力メディアの「ハーレツ」は、ギンズバーグ氏が世俗派のユダヤ教徒の家庭に生まれ育ったことを紹介しつつ、3年前に首都ワシントンのユダヤ教の礼拝所=シナゴーグを訪れたときの発言を紹介しました。

ギンズバーグ氏はこの際、「自身が、特にいじめられる立場にあるマイノリティーの一員だとすると、同じような状況にある人たちに対し、共感を持つようになるのです」と述べて、アメリカ社会でマイノリティーであったことが自身の考えに影響しているという見方を示したということです。

また、別の有力メディア「エルサレム・ポスト」は、ギンズバーグ氏が、2004年ホロコーストの追悼記念日にあたって、「アメリカは、ヒトラーによる人種差別を教訓にして、法によって容認された差別を終わらせるという使命を担うようになったのです」と述べたことに触れ、司法の立場から差別解消への意欲を示していたことを紹介しました。

連邦最高裁 社会を二分する問題に最終判断

アメリカの連邦最高裁判所は、人工妊娠中絶や同性婚、銃規制の是非など、社会を二分するような問題に司法としての最終的な判断を下します。その判断は、合わせて9人の判事の多数決によってなされるため、保守派とリベラル派の判事の人数比に大きく影響されるのです。

連邦最高裁の判事は終身制で、判事が死亡するか、みずから退任した場合のみ、ときの大統領が後任を指名します。一般的に共和党の大統領は保守派の判事を、民主党の大統領はリベラル派の判事を指名するため、連邦最高裁判事の構成は、ときの政権に左右されます。

オバマ前政権の2期目では、保守派が5人、リベラル派が4人という、保守派優位の構成となっていましたが、政権の最後の年の2016年、保守派の判事が死去し、判事の構成は、保守派とリベラル派が4人ずつできっ抗する事態となりました。

当時のオバマ大統領は、後任としてリベラル派の判事を指名しましたが、上院で多数派だった共和党が、大統領選挙直前であることを理由に、後任判事は新しい大統領が指名すべきだと主張し続け、結局、承認は得られませんでした。

そして、2017年に政権についたトランプ大統領は、この空席を埋めるために保守派の判事を指名し、連邦最高裁の構成は保守派5人、リベラル派4人と再び保守派が多数となったのです。

今回のギンズバーグ判事の死去を受けて、リベラル派は3人となり、野党・民主党は、共和党が2016年に主張していた「選挙直前には最高裁判事を選ばない」という主張に基づいて、11月の大統領選挙の勝者が指名すべきだと主張しています。

一方、議会上院で多数派の共和党は「2018年の中間選挙の結果、上院で共和党の多数派が維持され、民意が示されている」として、トランプ大統領が指名する後任判事を上院ですみやかに承認する構えを見せています。