トランプ大統領 国連総会 映像で参加 現地には行かず

トランプ大統領 国連総会 映像で参加 現地には行かず
新型コロナウイルスの影響で各国の首脳が国連総会への直接の出席を見合わせる中、国連を訪れて演説を行う意向を示していたアメリカのトランプ大統領も、直接の出席はせず映像を通じて参加することになりました。
今週、開幕した国連総会をめぐっては、新型コロナウイルスの影響で、創設以来初めて各国首脳が一堂に会することなく、事前に収録した映像で参加することにしています。

こうした中、アメリカのトランプ大統領は先月「アメリカの大統領として義務のようなものだ」と述べ、国連本部があるニューヨークを訪れ議場で演説する意向を示していましたが、メドウズ大統領首席補佐官は17日、記者団に対し、トランプ大統領も現地には行かず、議場での演説を見合わせることを明らかにしました。

トランプ大統領は、事前に収録した映像かオンラインでの参加になる見通しです。

メドウズ首席補佐官は、議場での演説を行わない理由については明らかにしませんでしたが、アメリカで新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからない中、慎重な判断を行ったものとみられます。