パンダのタンタン 25歳の誕生日を祝う 神戸 王子動物園

パンダのタンタン 25歳の誕生日を祝う 神戸 王子動物園
k10012622961_202009171633_202009171636.mp4
神戸市立王子動物園のジャイアントパンダ、タンタンが16日、25歳の誕生日を迎えました。
タンタンは、貸与の期限が切れ、中国に帰ることになっていて、飼育員たちがこれまでの感謝の気持ちを込めて特製のケーキをプレゼントしました。
神戸市立王子動物園のジャイアントパンダ、タンタンは、16日、25歳の誕生日を迎え、飼育員たちから果物や野菜を盛りつけ、好物のささの葉をあしらった特製の氷のケーキをプレゼントされました。
タンタンはケーキの周辺を歩いたり眺めたりしたあと、ゆっくりとケーキに近づき、おいしそうに食べていました。

ジャイアントパンダの寿命は25歳から30歳のため、タンタンは人間では70歳にあたるということですが健康状態はよいということです。
タンタンの中国からの貸与の期限は、ことしの7月で切れていて、ふるさとへ帰ることが決まっていますが、新型コロナウイルスの影響で帰国の日程は決まっておらず、しばらくは王子動物園でタンタンの姿を見ることができるということです。

タンタンの観覧には、事前の申し込みが必要です。

神戸市立王子動物園の上山裕之園長は「ことし神戸で誕生日を迎えられる予定ではなかったので、うれしい。中国に帰るまで、一日一日を大切に過ごしたい」と話していました。