駅のトイレで女子高校生が軽いけが 強盗傷害事件で捜査 宇都宮

駅のトイレで女子高校生が軽いけが 強盗傷害事件で捜査 宇都宮
k10012622881_202009171510_202009171512.mp4
17日朝、宇都宮市内のJRの駅のトイレの中で、16歳の女子高校生が若い男にカッターナイフのようなものを突きつけられて、金を出すよう脅され、手のひらに軽いけがをしました。男は現場から逃げ、警察は強盗傷害事件として行方を捜査しています。
17日朝8時半ごろ、宇都宮市のJR岡本駅の駅員から「手から出血している女性がいる」と警察に通報がありました。

警察によりますと、16歳の女子高校生が右の手のひらにけがをし、病院で手当てを受けましたが、けがの程度は軽いということです。

これまでの調べで、駅の西口にある女子トイレの中で、若い男からカッターナイフのようなものを突きつけられ「騒いだら殺す。金を出せ」などと、脅されたということです。

男は抵抗した女子高校生に、カッターナイフのようなものでけがをさせ、何もとらずに逃げたということで、警察は強盗傷害事件として行方を捜査しています。

男は20代から30代ぐらいで、身長1メートル70センチほどのやせ形、白いTシャツを着て、おうど色のズボンをはき、黒いトートバッグを持っていたということです。

現場は、JR宇都宮駅から北東に7キロほど離れた住宅街にある駅で、朝の時間帯は付近の住民などが通勤や通学で利用しているということです。