「みずほ銀行」でも判明 電子決済 不正引き出し問題

「みずほ銀行」でも判明 電子決済 不正引き出し問題
電子決済サービスを通じて、預貯金が不正に引き出される問題が相次ぐ中、大手銀行の「みずほ銀行」でも、過去に複数の電子決済サービスで預金が不正に引き出されていたことが新たに分かりました。みずほ銀行は、該当するサービスの事業者名や被害の件数などは明らかにしていません。
みずほ銀行は、ホームページ上で、過去に複数の電子決済サービスを通じて顧客の預金口座から不正な引き出しがあったと発表しました。

ただ、該当する決済サービスの事業者名や件数、それに被害額などの詳細は明らかにしていません。

みずほ銀行によりますと、被害があったのは1年以上前で、不正な引き出しを認識後、速やかに顧客に補償したため当時は不正な引き出しがあったこと自体を公表しなかったとしています。

一方、みずほ銀行は、運営しているスマートフォン決済サービスの「Jコインペイ」について、16日の時点で合わせて27の地方銀行が預金口座と連携するための新規登録の受け付けを見合わせていることを明らかにしました。

Jコインペイを通じた預金の不正な引き出しは確認されていないということで、セキュリティーを点検するための一時的な対応だとしています。