デジタル担当相に平井卓也氏 再入閣の意向固める 菅新総裁

デジタル担当相に平井卓也氏 再入閣の意向固める 菅新総裁
16日に行う組閣人事で、自民党の菅新総裁は、みずからが重視するデジタル分野の担当として岸田派の平井卓也元科学技術担当大臣を再入閣させる意向を固めました。
平井氏は衆議院香川1区選出の当選7回で、62歳。
自民党岸田派に所属しています。

大手広告会社勤務などを経て、平成12年の衆議院選挙で初当選したあと、国土交通副大臣や衆議院内閣委員長などを歴任しました。

平成30年に科学技術担当大臣として初入閣し、IT担当大臣も兼務しました。

平井氏はIT分野に詳しいことで知られ、インターネットを使った情報発信や選挙活動を党内で中心となって推進するとともに、党のデジタル社会推進特別委員長として、行政のデジタル化や5Gなど最新技術を活用した地方の活性化策などを盛り込んだ提言を取りまとめました。

平井氏はベンチャー企業の若手経営者など、民間人とも幅広い人脈を持つことで知られています。