土葬するイスラム教徒のための墓地建設に住民が反対陳情 大分

土葬するイスラム教徒のための墓地建設に住民が反対陳情 大分
死後に遺体を土葬するイスラム教徒のための墓地が、全国的に不足する中、大分県日出町で墓地を作る計画が進んでいますが、地元の住民たちが反対する陳情書を、町と町議会に提出したことが分かりました。
墓地の開設が計画されているのは大分県日出町の山あいにある、およそ8000平方メートルの土地です。

イスラム教徒は宗教上の理由から遺体を土葬しますが、日本国内には土葬を受け入れる墓地がほとんどないため、大分県別府市のイスラム教徒の団体が土地を購入し、町に墓地開設の許可を申請する準備を進めています。

これに対し、予定地周辺の2つの地区の住民が「墓地からの排水が農業用水や、飲み水に流入するのが不安だ」として、反対する陳情書を100人余りの署名を添えて、15日までに町と町議会に提出したことが分かりました。

陳情書の提出を発案した衞藤清隆さんは「水質検査をして何か問題があれば中止するというが、問題が起きてからでは遅い」と話しています。

計画を進める「別府ムスリム教会」のカーン・ムハンマド・タヒル・アッバース代表は「土葬は世界中で行われていると説明してきたが、分かってもらえず残念だ。引き続き理解を求めたい」と話しています。

町議会では、今月17日に開会する定例議会で陳情書の採決を行う予定で、町も今後対応を検討することにしています。