UFOなど遭遇時の自衛隊機の対応で河野防衛相が指示

UFOなど遭遇時の自衛隊機の対応で河野防衛相が指示
自衛隊の航空機などが、UFO=未確認飛行物体などに遭遇した際に備え、河野防衛大臣は、防衛省・自衛隊に対し写真を撮影するなど記録に努めるとともに必要な分析を行うよう指示を出しました。
これは、河野防衛大臣が14日、防衛省・自衛隊に対して文書で指示したものです。

それによりますと、空中でUFO=未確認飛行物体など、識別できない物体を確認し、日本の防衛や警備に影響をおよぼすおそれがある場合には、報告に万全を期すよう求めています。

そのうえで、可能なかぎり写真や動画を撮影し、記録に努めるとともに、必要な情報分析を行うよう指示しています。

防衛省によりますと、こうした指示の背景には、これまでの航空機とは異なる飛び方をするドローンなどの使用が増えていることもあるということです。
UFOをめぐってはことし、アメリカ国防総省がUFOだとする映像を公開し、調査を行う特別チームを設けています。