陸上男子 サニブラウン 来月の日本選手権の出場見送りへ

陸上男子 サニブラウン 来月の日本選手権の出場見送りへ
陸上男子100メートルの日本記録保持者で、去年の日本選手権で200メートルとの2冠を達成した、サニブラウン アブデル・ハキーム選手が、来月行われる、ことしの日本選手権の出場を見送ることが分かりました。
21歳のサニブラウン選手は、現在アメリカのフロリダ州を拠点に活動していて、ことし7月からはアメリカでの有数のプロチーム「タンブルウィードトラッククラブ」に所属し練習を続けています。

東京オリンピックが1年延期となり国際大会が相次いで中止となる中、今シーズンはここまでレースの出場はなく、関係者によりますと、来月1日から新潟市で行われる日本選手権についても出場を見送ることが分かりました。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、アメリカを拠点とする選手にとって国外の大会出場のハードルが高いことや、ことしの大会では東京オリンピックの代表選考が行われないことが、出場見送りの理由とみられます。

サニブラウン選手は、去年の日本選手権では100メートルと200メートルで2冠を達成し、ことしは史上初となる3回目の2冠達成も期待されていました。