「Bank Pay」新規登録受け付け停止 「ドコモ口座」の問題受け

「Bank Pay」新規登録受け付け停止 「ドコモ口座」の問題受け
「ドコモ口座」を通じて各地の銀行で預金が不正に引き出された問題を受けて大手銀行や地方銀行、それに信用金庫などが参加しているスマートフォンの決済サービス「Bank Pay」でも登録の際の本人確認の手順が不十分だったとして、新規登録の受け付けが停止されました。
「Bank Pay」は、銀行などでつくる「日本電子決済推進機構」が、去年10月から始めたスマホの決済サービスです。

銀行口座を登録すれば、スマホでQRコードを使って飲食店などで支払いができ、14日時点でおよそ1万1000人の利用者がいます。

しかし、銀行口座から預金が不正に引き出された「ドコモ口座」と同じように、メールアドレスだけで本人確認が行われ、利用登録ができるようになっていたということです。

これまでに不正な引き出しは確認されていないものの、機構は登録の際の本人確認の手順が不十分だったとして14日、新規登録の受け付けの停止を決めたということです。

また、このサービスでは、114の金融機関の口座と連携していますが、ワンタイムパスワードなど「2段階認証」の本人確認が取られていない一部の金融機関では、登録済みの利用者の利用も止めるとしています。

今後は、サービスの利用登録をショートメールに届いた暗証番号を入力してもらう形式に変更するなど、本人確認の厳格化を図っていくということです。