ソフトバンクグループ 英半導体開発会社「Arm」売却を発表

ソフトバンクグループ 英半導体開発会社「Arm」売却を発表
「ソフトバンクグループ」は、4年前、巨額の投資で買収したイギリスの世界的な半導体開発会社、「Arm」をアメリカの半導体大手のエヌビディアに売却すると発表しました。売却総額は、最大でおよそ400億ドル、日本円にしておよそ4兆2000億円にのぼる見込みです。
ソフトバンクグループは、傘下の投資ファンドとともに保有しているイギリスの半導体開発大手「Arm」のすべての株式をアメリカの半導体大手、エヌビディアに売却します。
Armはソフトバンクグループが4年前、およそ3兆3000億円もの巨額の資金を投じて買収した世界的な半導体開発会社で、今回、エヌビディアへの売却総額は最大でおよそ400億ドル、日本円でおよそ4兆2000億円に上る見込みです。

このうち2兆2000億円あまりに相当する分はエヌビディアの株式で支払われるということで、これによってソフトバンクグループはエヌビディアの株式のおよそ6.7%から8.1%を保有する見込みです。

ソフトバンクグループはArmの売却で新型コロナウイルスの影響などで悪化した財務基盤の強化を図るとともに今後はエヌビディアの主要株主としてArmの成長を取り込むねらいがあります。
一方、AI=人工知能に強みを持つエヌビディアは、Armの技術をいかして、今後、市場の拡大が期待できる自動運転やロボティクス、スーパーコンピューターの分野で競争力を高めるねらいがあるとみられます。