ベラルーシ 10万人が抗議デモ 大統領はロシア訪問し協議へ

ベラルーシ 10万人が抗議デモ 大統領はロシア訪問し協議へ
k10012616571_202009140548_202009140548.mp4
緊張が続く旧ソビエトのベラルーシでは13日、首都ミンスクで10万人が大統領の退陣を求める大規模な抗議デモが行われました。ルカシェンコ大統領は14日、ロシアを訪問しプーチン大統領と会談する予定で、事態打開の道筋について協議するものと見られます。
ベラルーシでは先月行われた大統領選挙の不正を訴える反政権派の抗議デモが5週間にわたって続き、首都ミンスクでは13日も、およそ10万人がルカシェンコ大統領の退陣を求めデモ行進しました。

これに対して政権側は、「抗議活動は政権転覆の企てだ」として治安部隊を派遣し、デモの参加者を次々と拘束しました。

ベラルーシ内務省によりますと、ミンスクではこれまでに400人以上が拘束されたということです。

ルカシェンコ大統領は14日には、後ろ盾となっているロシアを訪問し、一連の抗議活動が始まって以来初めて、プーチン大統領と会って協議する予定です。

ただ、プーチン大統領としてもベラルーシの混乱がロシアに飛び火することは避けたいものと見られ、双方がどこまで事態の打開に向けた道筋をつけることができるのかが焦点となります。