イベント開催制限緩和 経済再生相 大阪府知事に方針を説明

イベント開催制限緩和 経済再生相 大阪府知事に方針を説明
イベントの開催制限の緩和をめぐり、西村経済再生担当大臣は大阪府の吉村知事と会談し、感染防止と社会経済活動を両立させるため、事業者などに感染対策の徹底を働きかける方針を説明しました。
西村経済再生担当大臣は、12日、大阪市内で大阪府の吉村知事と会談し、新型コロナウイルス対策をめぐって意見を交わしました。

この中で、西村大臣は、来週の19日からイベントの開催制限を緩和することについて、「一気にアクセル全開にするのではなく、徐々にアクセルを踏み、新たな日常を作ることを応援したい」と述べ、感染防止と社会経済活動を両立させるため、事業者などに感染対策の徹底を働きかける方針を説明しました。
これに対し、吉村知事は、一部の制限が維持されたことについて、「赤字覚悟の要件は撤廃すべきだ」と述べ、感染対策が十分な場合は、さらなる緩和を行うよう要請しました。
このあと、西村大臣は記者団に対し、「クラスターが発生するかどうかや、スーパーコンピューターを使った研究などを踏まえ、さらに緩和できないか考えたい」と述べました。

また、観光需要の喚起策、「Go Toトラベル」で、東京を発着する旅行を来月1日から対象に加える方針について、「混乱なく、スムーズに開始できるよう検討を進めてもらう。感染状況や医療提供体制もしっかり見ながら対応する」と述べました。