西日本~北日本 非常に激しい雨のおそれ 全国的に大気不安定

西日本~北日本 非常に激しい雨のおそれ 全国的に大気不安定
k10012614511_202009121213_202009121218.mp4
前線や低気圧の影響で東日本や北日本を中心に局地的に雨雲が発達しています。大気の不安定な状態は13日にかけて続く見込みで、西日本から北日本の各地で非常に激しい雨が降るおそれがあり、土砂災害や低い土地の浸水などに警戒が必要です。
気象庁によりますと、停滞する前線や東日本の太平洋側にある熱帯低気圧の影響で、全国的に大気の状態が非常に不安定になり東日本や北日本を中心に局地的に雨雲が発達しています。

11日夜から12日朝にかけては、東北から九州の各地で局地的に雨雲が発達し、レーダーによる解析で各地で1時間に100ミリ以上の猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を相次いで発表しました。

大気の不安定な状態は13日にかけて続き、
▽西日本では12日夜にかけて、
▽東日本や北日本では13日にかけて、局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降るおそれがあります。

13日朝までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、
▽東北や伊豆諸島、東海、四国、九州南部で150ミリ、
▽関東甲信で120ミリ、
▽中国地方と九州北部で100ミリと予想され、その後も東北でさらに雨量が増える見込みです。

気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の急な増水に警戒するとともに、落雷や竜巻などの突風に十分注意するよう呼びかけています。

「記録的短時間大雨情報」11日は10回12日も2回

広い範囲で大気の状態が非常に不安定になっているため、11日から12日朝にかけて、大雨で災害の危険が迫っていることを伝える「記録的短時間大雨情報」が相次いで発表されました。

記録的短時間大雨情報は地域ごとに、数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨を観測したときや解析したときに気象庁が災害の危険が迫っていることを伝える気象情報です。

11日の午前中は、レーダーによる解析で、
1 高知県黒潮町付近で1時間に120ミリ以上、
2 愛媛県の愛南町付近で1時間におよそ110ミリ、
3 宇和島市付近で1時間におよそ100ミリの猛烈な雨が降ったとみられるとして、「記録的短時間大雨情報」が発表されました。

また、11日昼すぎから夕方にかけては
4、5 松江市付近で1時間におよそ100ミリが2回、
6 福島県郡山市付近で1時間におよそ110ミリ、
7 福島県須賀川市付近で1時間におよそ100ミリの猛烈な雨が降ったとみられるとして、「記録的短時間大雨情報」が発表されました。

夕方から夜遅くにかけては
8 栃木県日光市今市付近と
9 那須塩原市付近で1時間におよそ110ミリ、
10 鹿児島県枕崎市付近で120ミリ以上の猛烈な雨が降ったとみられ、「記録的短時間大雨情報」が発表されました。

発表の合計は11日だけで四国、中国地方、東北、関東、九州の6つの県で10回にのぼりました。

また、12日未明から朝にかけても、
11 鹿児島県南九州市付近で1時間におよそ120ミリ、
12 長崎市付近でおよそ110ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、「記録的短時間大雨情報」が発表されました。