小中学生タブレット端末有効活用へ 事例をHPで公開 文科省

小中学生タブレット端末有効活用へ 事例をHPで公開 文科省
k10012614221_202009120520_202009120528.mp4
全国の小中学生に1人1台のタブレット端末などの整備が進められる中、文部科学省は実際の授業における活用例を教科ごとにまとめ、ホームページ上で公開しました。
新型コロナウイルスによる休校などの影響でオンライン授業の機会が増える中、国は全国すべての小中学生に1人1台の端末を整備する計画を今年度中に前倒しして進めています。

文部科学省は、実際の授業でパソコンやタブレット端末を効果的に使ってもらおうと、各教科ごとに活用例をまとめホームページで紹介しています。

このうち「社会」では、タブレット上で現代と江戸時代の地図を比較しながら地域の歴史やハザードマップを学ぶ手法や、「体育」では実技を撮影してポイントを可視化したりする方法などが紹介されています。

海外の学校とテレビ電話をつなぐことで多様な価値観に触れる例も挙げられています。

新しい学習指導要領では、主体的に考え、対話を通じて学びを深める授業が求められていますが、感染防止の観点から実施が難しい場面もあるということで、文部科学省の板倉寛教育課程企画室長は「端末を整備するだけでなく、ICTの活用による教育の質の向上が重要だ。子どもたちにとっても新しい表現や学びの可能性が広がると期待している」と話しています。