モロッコ 日本の食品など輸入規制撤廃 13都県コメなど対象外に

モロッコ 日本の食品など輸入規制撤廃 13都県コメなど対象外に
東京電力福島第一原子力発電所の事故のあとからモロッコが続けてきた日本の食品などの輸入規制が撤廃され、福島県など13の都県のコメなどが規制の対象から外れることになりました。
モロッコは、福島第一原発の事故のあと、福島県などで生産された食品と飼料について放射性物質の検査を義務づけるなどの規制を続けてきましたが、外務省によりますと、今月9日付けでこの規制が撤廃されたということです。

これによって、福島県、宮城県、山形県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、長野県、それに山梨県の合わせて13の都県からコメや桃などの食品や家畜用の飼料が輸出しやすくなります。

中国や台湾など19の国と地域では、依然として日本の一部の地域からの輸入を規制するなどの対応が続けられていて、政府は引き続き規制の撤廃を働きかけることにしています。