西~北日本 局地的非常に激しい雨おそれ 土砂災害など警戒を

西~北日本 局地的非常に激しい雨おそれ 土砂災害など警戒を
k10012612581_202009112202_202009112255.mp4
大気の状態が非常に不安定になっていて福島県や三重県などで局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降っています。12日にかけて西日本から北日本の広い範囲で局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあり、土砂災害や低い土地の浸水などに警戒が必要です。
気象庁によりますと、上空の寒気と湿った空気の影響で局地的に雨雲が発達していて午後10時までの1時間に▽福島県天栄村で66ミリ、▽三重県がいなべ市藤原町に設置した雨量計で58ミリの
非常に激しい雨を観測しました。

また午後8時20分までの1時間にはレーダーによる解析で栃木県の
▽日光市今市付近と▽那須塩原市付近でおよそ110ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表しました。

12日にかけても西日本から北日本にかけての広い範囲で、大気の非常に不安定な状態が続き、局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降るおそれがあります。

12日夕方までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで、
▽四国と東海で200ミリ、
▽関東甲信で150ミリ、
▽中国地方で120ミリ、
▽東北で100ミリと予想されています。

また、13日の夕方以降も断続的に激しい雨が降り、13日夕方までの24時間に降る雨の量は、多いところで
▽東北で100ミリから200ミリ、
▽東海で100ミリから150ミリと予想されています。

気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の急な増水に警戒するとともに、落雷や竜巻などの突風、それに「ひょう」にも十分注意するよう呼びかけています。