合流新党 党名は「立憲民主党」に決定

合流新党 党名は「立憲民主党」に決定
立憲民主党と国民民主党などの合流新党の党名は、投票の結果、「立憲民主党」に決まりました。
合流新党「立憲民主党」の新代表に選出された枝野幸男氏は、「衆議院の解散・総選挙を勝ち抜くため、総力を結集できるよう準備を進める」と述べ、政権交代に向けて全力を挙げる決意を強調しました。

この中で枝野・新代表は、「選挙のあとには、『これでノーサイド』と言うが、私はノーサイドだとは思わない。いよいよプレイボールで、ここから本当のたたかいが始まる。したたかな自民党と強い緊張感を持って向き合わなければならない」と述べました。

そのうえで、速やかに国会で新型コロナウイルス対策や災害対策などで本格的な論戦を行うよう、政府・与党に求めました。

そして、「本格論戦から逃げて衆議院を解散するなら、正面から受け止めて国民のための選択肢になろうではないか。1年の間に解散・総選挙は行われる。解散・総選挙を勝ち抜くため、総力を結集できるよう、迅速かつ着実に準備を進めていく」と述べ、政権交代に向けて全力を挙げる決意を強調しました。

一方、合流に参加しなかった議員とも、立場の違いを超えて、連携していく考えを示しました。

最後に枝野氏は、「新しい立憲民主党は、時代の要請によって生まれたと確信する。新たな党の代表として、誰よりも汗をかき、全国を回り、現場の声を聞きたい。国民とともに、国民のために戦う新しい立憲民主党として前に進んでいく」と訴えました。