NTTドコモ きょう夕方会見 被害状況や再発防止策など説明へ

NTTドコモ きょう夕方会見 被害状況や再発防止策など説明へ
電子決済サービスの「ドコモ口座」を通じて各地の銀行で預金が不正に引き出された問題で、NTTドコモは被害の全額を補償する方針で各銀行との協議を進めています。会社は10日夕方、記者会見を開き、被害の状況や補償、再発防止策などを説明することにしています。
NTTドコモが手がける「ドコモ口座」は、銀行口座を登録して入金すれば、「d払い」で買い物や送金ができるサービスです。

この口座を通じて全国各地の銀行で預金の不正な引き出しがこれまでに37件確認され、被害額は合わせておよそ1200万円に上っています。

被害についてNTTドコモは全額を補償する方針で、各銀行との協議を進めています。

また、再発を防ぐためNTTドコモは、10日から連携している35の銀行の口座をドコモ口座に新たに登録してひも付けることを全面的に停止しています。

さらに、10日までに被害が確認されている7つの銀行で銀行の口座から預金を引き出しドコモ口座にチャージする手続きなど、口座間の送金を停止しました。

NTTドコモは10日夕方、記者会見し被害の状況や補償、再発防止策などを説明することにしています。