台風10号 宮崎 椎葉村の土砂崩れで不明の4人 捜索始まる

台風10号 宮崎 椎葉村の土砂崩れで不明の4人 捜索始まる
k10012609941_202009100534_202009100538.mp4
台風10号による大雨で住宅などが押し流され、建設会社の関係者4人の行方がわからなくなっている宮崎県椎葉村の土砂崩れは、発生から3日がすぎました。土砂が流れ込んだ川の下流を含めて、10日も朝から捜索が始まりました。
宮崎県椎葉村では台風10号で500ミリを超える雨が降り、下福良地区の山の斜面が崩れて建設会社の社長の自宅と事務所が押し流されました。

社長の相生秀樹さんは自力で土砂の中から脱出しましたが、妻の勝子さん(68)と長男で専務の泰孝さん(39)、ベトナム人の技能実習生のチャン・コン・ロンさん(23)とグエン・ヒュー・トアンさん(22)の4人の行方が分からなくなっています。

捜索の範囲は土砂が流れ込んだ川の下流のダムなどにも広げられていて、9日は消防隊員らがえん堤から双眼鏡を使ってダム湖の中を探していました。

災害が発生したとみられる今月6日の夜から3日が過ぎる中、村や警察などは10日も午前7時から捜索が再開されました。

勝子さん 穏やかな性格

相生勝子さん(68)は夫の秀樹さんが経営する建設会社を手伝っていました。

2人を知る人によりますと、勝子さんは穏やかな性格で、新しいことに取り組むのが好きな秀樹さんといつも支え合いながら、会社を切り盛りしていたということです。

また仕事が忙しい中でもミニバレーや体育大会などの地域の集まりにも積極的に参加していたということです。

家族ぐるみのつきあいだという男性は「冷静でしっかりした性格で、情熱的な性格の秀樹さんと理想の家庭を築いていました。一刻も早く見つかってほしいです」と話していました。

泰孝さん 人口減少進む村で若手の中心

相生泰孝さん(39)は、父親の秀樹さんが経営する建設会社で専務を務めていました。

地区の建設業協会の青年部会長を務めるなど、人口減少が進む村で若手の中心となって活躍していたということです。

また来日したばかりのベトナム人の技能実習生が早くなじめるようにと、地区の行事の際には参加者1人ひとりに2人を紹介するなど、こまやかな一面もありました。

台風が接近した今月6日の夜は妻と子どもたちを日向市にある親戚の家に避難させ、会社の事務所に残っていたということです。

家族ぐるみのつきあいだという男性は「出会う皆に声をかけてくれる好青年で、子どもたちが通う学校のPTA活動にも熱心に取り組んでいました。地域のリーダーとなる人が災害に巻き込まれ、とてもつらいです」と話していました。

チャンさんとグエンさん 仕事熱心

チャン・コン・ロンさん(23)とグエン・ヒュー・トアンさん(22)は、村で初めてのベトナムからの技能実習生として、ことしの春に働き始めたばかりでした。

ふだんは会社が建てた寮で暮らしていましたが、今月6日の夜は会社の事務所で過ごしていて土砂崩れに巻き込まれました。

道路の補修などの仕事に熱心に取り組み、休日になると社長の秀樹さんに連れられて、近くの川での釣りや買い物などに出かけていたということです。

2人を知る男性は「地域のミニバレーボールで一緒になりましたが、元気がよく、すばらしい若者たちだと思っていました。早く見つかることを祈っています」と話していました。