新型コロナ 東京駅にマスク専門店オープン

新型コロナ 東京駅にマスク専門店オープン
k10012607181_202009081736_202009081830.mp4
新型コロナウイルスの感染防止のためマスクの着用が日常的な習慣となる中、東京駅の地下街に8日、マスクの専門店がオープンしました。
この店はマスクを着用する機会が増えていることから、自分好みのマスクを探してもらおうと、流通大手のグループ会社が東京駅の八重洲地下街にオープンさせました。
60平方メートル余りの売り場では、保湿や紫外線カットの機能を持つという500円のマスクから、ガラスの飾りを手作業であしらった1枚10万円のマスクまで200種類以上を販売しています。

また、服装や肌の色などに合わせたマスクを選ぶ案内係を配置しているほか、訪問先などで外したマスクを収納するケースや、肌に優しい成分を使っているというマスク用の洗剤も扱っています。

店を訪れた70代の女性は「色や機能がたくさんあって、選ぶのが楽しい」と話していました。

店を運営する「コックス」の宮野敦デジタル推進統括部長は、「その日の気持ちや服装に合わせたマスクを身につけることで、1日を楽しく過ごせるような体験を提供したい」と話していました。

マスクをめぐっては、大手電機メーカーのほか、紳士服やスポーツ用品メーカーが生産に乗り出すなど、異業種からの参入が相次ぎ、このところファッション性をアピールした製品も次々に登場していて、市場の広がりが期待されています。