中国 先月の輸出額 去年同月比9.5%増 3か月連続のプラス

中国 先月の輸出額 去年同月比9.5%増 3か月連続のプラス
k10012605251_202009071523_202009071524.mp4
中国の先月の輸出額は、去年の同じ月に比べて9.5%増えて、3か月連続のプラスとなりました。スマートフォンや家電製品などの輸出が増えており、新型コロナウイルスの感染拡大の影響による、いわゆる「巣ごもり需要」などが背景にあるとみられます。
中国の税関当局が7日発表した先月の貿易統計によりますと、輸出と輸入を合わせた貿易総額は4115億9000万ドルで、去年の同じ月に比べて4.2%増えました。

このうち輸出額は2352億6000万ドルと9.5%増えて、3か月連続のプラスとなりました。

内訳を見てみますと、スマートフォンや家電製品のほか、マスクや医療機器の輸出が伸びていて、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で世界的に自宅で過ごす時間が増える傾向にある中、いわゆる「巣ごもり需要」や感染対策の需要が続いているためとみられます。

一方、輸入額は1763億3000万ドルと去年の同じ月に比べて2.1%減り、2か月連続のマイナスとなっています。

中国経済は、ほかの国に先駆けて回復に転じたものの、国内消費は依然、低調な状態が続いています。

新型コロナウイルスの影響が世界的に広がる中、今後も輸出のプラスが続くのかどうか、先行きに不透明さが残ったままです。