台風10号 関係閣僚会議 安倍首相 命守る行動 直ちにと呼びかけ

台風10号 関係閣僚会議 安倍首相 命守る行動 直ちにと呼びかけ
台風10号に関する関係閣僚会議が開かれ、安倍総理大臣は最大級の警戒が必要だとして命を守る行動を直ちにとるよう国民に呼びかけるとともに、関係閣僚に対し自治体や関係機関と緊密に連携し、あらゆる事態に即応するよう指示しました。
政府の関係閣僚会議は午後4時すぎから総理大臣官邸で開かれ、安倍総理大臣をはじめ菅官房長官や武田防災担当大臣らが出席しました。

この中で安倍総理大臣は「広い地域で、かつてない記録的な大雨、暴風、高波、高潮となるおそれがあり、最大級の警戒が必要だ。今後の大雨により、川内川や肝属川などでは氾濫などの危険性が高い状況にあり、それ以外の河川でも十分に警戒する必要がある」と述べました。

そのうえで国民に対し「自治体などからの情報に十分注意し、避難や安全確保など、命を守る行動を直ちにとることをお願いする」と呼びかけました。

また関係閣僚に対し「さまざまな事態に対応するため、警察、消防、海上保安庁はもとより、自衛隊も即応態勢を敷いており、引き続き対応に万全を期してほしい。国民への情報発信を引き続き、適時的確に行うとともに自治体や関係機関と緊密に連携しながらあらゆる事態に即応してほしい」と指示しました。