台風10号 九州や中国地方の一部が暴風域 離れた地域で雨雲発達

台風10号 九州や中国地方の一部が暴風域 離れた地域で雨雲発達
k10012603121_202009070911_202009070913.mp4
大型で強い台風10号は、朝鮮半島付近に進みましたが、九州や中国地方の一部が暴風域に入っています。四国や本州など台風から離れた地域で局地的に雨雲が発達していて、引き続き大雨や暴風などに警戒が必要です。
気象庁によりますと、大型で強い台風10号は、7日午前10時には、長崎県対馬市の北160キロを1時間に40キロの速さで北へ進んでいるとみられます。

中心の気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルで、中心の東側280キロ以内と西側165キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

この時間、九州北部や中国地方の一部が暴風域に入っています。

台風の影響で、南からの湿った空気が流れ込んでいるため、本州や四国の広い範囲で大気の状態が不安定になり、局地的に雨雲が発達しています。

午前9時までの1時間には、
▽静岡県富士宮市で49.5ミリの
▽三重県南伊勢町で36ミリの激しい雨を観測しました。

これまでの雨で土砂災害の危険性が非常に高まり、熊本県、徳島県、それに静岡県で「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があります。

太平洋側は大雨警戒

台風は次第に日本から遠ざかる見込みですが、大気の不安定な状態が続き、7日は西日本や東日本の太平洋側を中心に非常に激しい雨が降るおそれがあります。

8日朝までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、
▽東海で300ミリ、
▽四国で250ミリ、
▽関東甲信と九州北部で200ミリなどと予想されています。

暴風・高波に警戒

海上を中心に各地で風が強い状態も続き、
最大風速は、
▽九州北部で40メートル、
▽近畿、中国地方、四国、それに九州南部で25メートル
▽東海と鹿児島県の奄美地方で18メートルと予想され、
最大瞬間風速は
▽九州北部で60メートル、
▽近畿、中国地方、四国、九州南部で35メートル、
▽東海と奄美地方で30メートルに達する見込みです。

海上も、九州や四国、近畿、東海などで大しけが続く見通しです。

気象庁は、引き続き土砂災害や低い土地の浸水、川の氾濫のほか、暴風や高波に警戒し、落雷や竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけています。