台風 スマートフォンの電池 停電時に消耗抑える方法は

台風 スマートフォンの電池 停電時に消耗抑える方法は
災害時、情報収集や連絡用の手段として欠かせないスマートフォンですが、停電時には電池の消耗が心配です。各メーカーが紹介している、設定によって電池の消耗を抑える方法です。

iPhoneの場合

iPhoneでは「低電力モード」を設定することで、電池の消耗を抑えることができます。

設定するには、ホーム画面から「設定」をタップし、「バッテリー」を開きます。

その後「低電力モード」をオンにします。

設定が完了すると、画面右上にある電池の色が緑から黄色に変わりますので、確認してください。

このほか、画面の明るさを抑えることも、有効です。

同じく「設定」から「画面表示と明るさ」を開き、明るさを調整することができます。

「コントロールセンター」からも調節が可能です。

Androidの場合

Androidを使っているスマートフォンでは「バッテリーセーバー」という機能を使うことで、電池の消耗を抑えることができます。

端末のメーカーによって「長エネスイッチ(シャープ)」「スタミナモード(ソニー)」などと画面上表示される名前が異なりますが、いずれも不必要なアプリの動作を制限したり、一部の機能をオフにしたりして、電池を長もちさせることができます。

いずれも端末の設定メニューから「電池」や「バッテリー」などを開き、設定することができます。

このほか、画面を暗くすることでも電池の消費を抑えられます。

指2本で画面の上のほうを触り、指をそのまま下に動かします。

画面の上のほうに横向きの直線が出てくるので、それを左側に動かすことで画面が暗くなります。

また、画面を表示させる時間をなるべく短くするため、画面が自動で消えるのを待たずにこまめにオフにすることも有効です。

一方、メーカーによりますと、スマートフォンの電源自体を切ると起動時の電力消費が大きいので注意が必要です。