台風10号 これまで経験したことがない暴風 大雨のおそれ

台風10号 これまで経験したことがない暴風 大雨のおそれ
急速に発達した台風10号は、日本の南の海上を北寄りに進んでいます。台風は今後さらに発達し、6日、沖縄地方と奄美地方に近づき、その後、7日にかけて、九州に接近、または上陸するおそれがあります。
気象庁は、これまで経験したことがない暴風や高波、高潮、それに大雨になるおそれがあるとして、台風が接近する前に、安全な場所に移動するなどの対策を終えるよう強く呼びかけています。
気象庁によりますと、非常に強い台風10号は、4日午後9時には南大東島の南南東420キロの海上を、1時間に15キロの速さで西北西へ進んでいます。

中心の気圧は920ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルとなっています。

台風の強さを示す中心気圧は4日午前9時までの24時間で45ヘクトパスカルも下がり、急速な発達となっています。

台風10号の縁を回って流れ込む暖かく湿った空気などの影響で広い範囲で大気の状態が不安定になり、この時間は関東や四国などで局地的に雨雲が発達しています。

午後5時までの1時間には、栃木県奥日光で55.5ミリの非常に激しい雨を観測しました。

台風は、今後さらに発達して猛烈な勢力となり、気象庁は昭和36年の「第2室戸台風」に匹敵する勢力で6日、沖縄・奄美に接近するおそれがあるとしています。

5日にかけての風と波

5日にかけて予想される最大風速は、
▽沖縄地方で50メートル、
▽奄美地方で23メートルで
最大瞬間風速は
▽沖縄地方で70メートル、
▽奄美地方で35メートルに達し、

6日は
▽沖縄・奄美で50メートルから60メートル、
▽九州南部で40メートルから50メートル、
最大瞬間風速は
▽沖縄・奄美で70メートルから85メートル、
▽九州南部で55メートルから70メートルと予想されています。

波も高く、5日は沖縄地方で13メートルと猛烈なしけが、奄美地方は8メートルと大しけが予想され、
6日は奄美地方で15メートル、九州南部で14メートル、沖縄地方で13メートルといずれも猛烈なしけとなる見込みです。

暴風などの「特別警報」発表の可能性も

台風は、6日・日曜日から7日・月曜日にかけて、非常に強い勢力や猛烈な勢力で奄美地方から九州に接近、または上陸するおそれがあります。

予報にはまだ幅がありますが、台風の中心が奄美地方に接近しているとみられる6日の午後3時には、中心気圧が915ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は80メートルと予想されています。

気象庁は、台風が接近する地域では、記録的な暴風や高波、それに高潮によって甚大な被害が出るおそれがあるとして、事前に、暴風などを対象とした「特別警報」を発表する可能性があるとしています。

雨量 平年の9月、1か月分の2倍超のおそれも

大雨にも広い範囲で警戒が必要です。

▽沖縄・奄美は5日夜遅くから6日にかけて、
▽九州では6日から7日にかけて、猛烈な雨や非常に激しい雨が降って、大雨となるおそれがあります。

5日夕方から6日の夕方にかけての24時間雨量は
▽奄美地方で、300ミリから400ミリ、
▽沖縄地方で200ミリから300ミリなどと予想されています。

その後、7日夕方までの24時間の雨量は
▽九州南部で500ミリから800ミリ、
▽奄美、九州北部、四国で300ミリから500ミリ、予想され、九州南部と奄美を中心に平年の9月、1か月分の2倍を超える雨量になるおそれもあります。

台風から離れている東日本の太平洋側でも、
▽東海では7日夕方までの24時間に300ミリから400ミリの雨が予想されるなど、大雨となるおそれがあります。

今からできる備えを

台風が近づくと、暴風雨で身動きができなくなります。

近づく前に、備えを進めておくことが重要です。

進路にあたる地域のは
▽自宅周辺のリスクをハザードマップで確認する、
▽避難場所や避難を始めるタイミングを検討する、
そして
▽避難の際に持ち出す物を用意しておくなど、今のうちにできる備えを進めてください。

警戒が必要な時間帯は

台風10号の影響で各地で暴風や高潮、それに高波や大雨に警戒が必要な時間帯の目安です。
台風が接近する前にできるかぎり備えを進めてください。

【沖縄地方】
沖縄地方で警報が出る可能性が高い時間帯です。
▽高波はこれから7日にかけて、
▽暴風は5日朝から6日にかけてと予想されています。

【奄美地方】
次に奄美地方です。
▽高波は5日朝から7日にかけて、
▽高潮は6日、
▽暴風と大雨は、6日から7日にかけて、それぞれ警報が出る可能性が高いと予想されています。

【九州】
九州です。
▽高波は九州南部では5日朝から7日にかけて、九州北部では6日から7日にかけて、
▽暴風と大雨は6日から7日にかけて、
▽高潮は九州南部で6日、それぞれ警報が出る可能性が高いと予想されています。

【四国】。
四国は
▽高波の警報が6日から8日にかけて、
▽大雨の警報が6日と7日に、
▽暴風の警報が7日に出る可能性が高いと予想されています。

【近畿・東海・中国地方など】。
▽近畿と東海では6日から7日にかけて高波の警報が出る可能性が高いとされているほか、
▽大雨の警報が東海では7日にかけて、近畿では5日と7日に出る可能性があります。
また、
▽中国地方では暴風と高波の警報が7日に出される可能性が高く、高潮の警報が7日と8日に出る可能性が、また、大雨の警報が7日に出る可能性があります。

このほか関東甲信や伊豆諸島でも、7日は高波の警報が出る可能性があります。

【接近前に備えを】。

台風が接近すると暴風のため外に出ることも危険な状態になります。

風が強まる前に頑丈で安全な建物に移動するなど今のうちにできるかぎりの備えを進めてください。

また気象庁などによりますと、沿岸部では命に危険を及ぼすような高潮や高波となり、ふだんは波が来ないようなところまで波が押し寄せ、浸水するおそれがあり、風が強まるまでに備えを進めるようにしてください。

これらの時間帯はあくまで目安で、今後の台風の進路などによって状況が変わる可能性もあります。

最新の情報に注意し、備えを進めるようにしてください。