「原因はバーベキュー」米軍普天間基地の消火剤 大量流出事故

「原因はバーベキュー」米軍普天間基地の消火剤 大量流出事故
ことし4月、沖縄のアメリカ軍普天間基地から、有害性が指摘されている大量の消火剤が流出した事故について、アメリカ軍は「航空機の格納庫でバーベキューをしたため、消火用の機器が作動したのが原因だった」と地元の宜野湾市などに説明したことが、関係者への取材で分かりました。
ことし4月、沖縄のアメリカ軍普天間基地から、有害性が指摘されている有機フッ素化合物の「PFOS」を含む消火剤14万リットル余りが基地の外に流出しました。

消火剤は、泡の状態で基地周辺にある住宅地にも広がり、アメリカ軍は専門チームを設けて原因などの調査を進めてきました。

その結果、4日、地元の宜野湾市などに対し「航空機の格納庫でバーベキューをしたため消火用の機器が作動したのが原因だった」と説明したことが、関係者への取材で分かりました。

また、機器を止められず大量の消火剤が流出したことについて「スイッチを長押しすれば機器は止まるが、それを誰も把握していなかった」と説明したということです。