車に姉妹を放置 死亡させた疑い 母親逮捕 前夜から飲酒か 高松

車に姉妹を放置 死亡させた疑い 母親逮捕 前夜から飲酒か 高松
k10012600141_202009041325_202009041326.mp4
3日、高松市で車の中から見つかった6歳と3歳の姉妹が熱中症とみられる症状で死亡し、警察は、26歳の母親が2日の夜から長時間、車の中に2人を置き去りにして死亡させたとして逮捕しました。警察の調べに対し、母親は黙秘しているということです。
3日、高松市常磐町で路上に止まっていた乗用車の後部座席から高松市川島東町の幼稚園児、竹内真友理ちゃん(6)と友理恵ちゃん(3)が意識不明の状態で見つかり、およそ2時間後に死亡しました。

2人は、熱中症とみられるということです。

警察が現場周辺の防犯カメラなどを調べたところ、2人が乗っていた車が少なくとも2日の夜から3日の明け方まで高松市内の駐車場に止められていたことがわかり、警察は子どもを長時間、車の中に置き去りにして死亡させたとして母親の竹内麻理亜容疑者(26)を保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕しました。

警察の調べに対し、黙秘しているということです。

警察によりますと、母親は2日の夜から3日の明け方まで数軒の飲食店で知人と飲酒をしていたとみられるということで、警察が幼い2人の子どもを車に放置した詳しいいきさつを調べています。

3日の高松市は、最高気温が9月としては観測史上最も高い37.6度を記録していました。